コミュニケーション向上には瞬発力も鍛える

教育・コンサルティング事業部アールオンワード代表の松岡利恵子です。

一流ホテルで培った接遇・コミュニケーションスキルと、長年の司会経験を生かしたプレゼンテーション術・話し方をお伝えしております。

コミュニケーションはスムーズにキャッチボールができてこそ活きてきます。

相手の言葉に頭考えて行動する…では、コミュニケーションの妨げになることもあります。コミュニケーションには、いかに早く相手に反応できるかという瞬発力も大切ということです。それは普段の会話量で鍛えられるものです。

コミュニケーション瞬発力のためのポイントは4つです。

1.その会話は知らない人と行うこと

2.しっかりと相手の目を見る

3.単語だけで終わらない

4.あいまいな言葉は使わない

「お箸は何膳ご用意しましょうか」「ふたつ」と単語で答えていてはダメです。

「ふたつお願いします」と文章で答えるのです。

また、あいまいな言葉というのは「すみません」など何にでも活用できる言葉です。

ニュアンスでごまかすのではなく、しっかりと状況に合わせて言葉を選んで伝えることで言葉の能力が向上します。

駅売店、コンビニなどでお買いものする際にしっかりと目を見て言葉を交わす。

レストランでお食事をする…

電車にのる…

人と言葉を交わす機会はたくさんあるけれど、目を見ない、余計なことは言わないという人が多いです。

知らない人にも自然にたくさんの言葉が出ると、瞬発力がつきコミュニケーション能力の底上げが出来ますよ。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Facebook クラシック

Adress

本社:111-0031東京都

台東区千束1-16-11-1104

教育・コンサルティング事業部:

大阪府大阪市北区梅田一丁目2番2号

大阪駅前第2ビル2階5-6号室

Call

T: 03-6240-6996

F: 03-6735-8963

  • facebook

© 株式会社Active Solutions all rights reserved